起業家の皆さん!
はじめまして!
「起業したらまっさきに読む経理の本」の著者の笠原です。

皆さんは経理という言葉からどんなことをイメージされますか?
「帳簿付け」をイメージされる方が
圧倒的に多いと思います。
しかし起業家の皆さんに必要な経理のスキルは「帳簿付け」だけではありません。
事業計画、会社の作り方、税務署への届出、領収書・請求書の切り方、
会計ソフトの使い方、決算、税金、資金計画、税務調査などなど
起業家の皆さんに必要とされる経理のスキルは
もっともっと幅広いのです。


会社が小さければ小さいほど、
会社ができたてであるほど、
経営者はなんでも1人でこなさなければならないので、
経理スキルの範囲は広くなるといっても
良いでしょう。

この本は起業家の皆さんに必要な経理のスキルを
「わかりやすく、そして詳しく!」 をモットーに、
心を込めて書き上げたものです。

私が「街の税理士」としてやってきた経験が
この一冊にぎっしりと詰まっています。
ぜひ書店でお手にとってご覧下さい。
   起業したらまっさきに読む経理の本
    2006年7月31日 初版発行
    著者 笠原清明
    発行 クロスメディア・パブリッシング
    発売 明日香出版社


         
それでは目次に沿って内容を紹介しましょう。
第1章 事業計画を立てよう
第2章 会社を作ろう
第3章 設立の届出をしよう
第4章 経理のいろはを学ぶ
第5章 会計ソフトは必要なのか
第6章 経理と税金のポイント20
第7章 決算をしよう
第8章 経理の勘所をアドバイス
                                   
                              TOPページへ