◆ 事務所を借りた時◆

精算書を見て仕訳をしよう

事務所を借りるときに、不動産屋さんに支払うお金。
賃貸精算書には4種類の数字が記入されています。
これらは、どのように仕訳すればよいでしょうか?

仕訳の仕方

ここを押さえれば
専門家
●20万円以上の「礼金」は税法上「繰延資産」に該当します。
  支出の効果の及ぶ期間で経費処理されるので、一括で経費処理はできません

 ●不動産を賃貸するために支出で繰延資産に該当するもの

     ・礼金 ・更新料 ・保証金のうち返還されない部分(償却部分ともいいます)

 ●償却期間 
契約期間が5年以内で、更新時に更新料を支払う場合

賃貸契約の期間
上記以外の場合

5年

●TOPへ> ●仕訳ガイドマップTOPへ>