◆インターネットで起業・開業 経理のポイント
最近、インターネットを利用した商取引が格段に増えています。当事務所にも
、店舗を一切持たずネット販売に特化しているお客様が何社かいらっしゃいま
す。また、実際の店舗をメインとして別の販売ルートという位置づけで楽天や
Yahoo!などへ出店されているお客様もたくさんいらっしゃいます。

実際の店舗で行われる取引では、お客様が来店し、商品をお渡しする代わりに代金を頂戴する、というのが一般的です。インターネットを利用した取引は、お客様がまず注文をしてきます。この後に代金が決済されますが、決済手段
が何パターンか存在します。また、商品の発送もお客様によって日時を指定されたり、代引きで返品されたりなど一筋縄ではいきません。実際に店舗を構えて行う取引よりも注意して売上・仕入の計上を行う必要があります。また、カード
決済特有の処理や、ITに係る費用の処理など、皆さんの常識と古い税務処理
にはズレがたくさん存在しています。

そんなこんなでネット取引は税務調査の重点事項に挙げられています。
一度基本をマスターすれば恐れることではありません。これから連載する
インターネット通販特集でチェックしてみてください。


目次
  @ 売上っていつあげる? 〜入金ベースじゃ税務署喜ぶ

  A 売上の次に大きい数字→仕入!

  B 返品を制する者は、原価を制す

  C 領収書に貼る印紙

   D 特有の消費税処理






●TOPへ>