◆不動産売買契約・建設工事契約の印紙税軽減措置が延長されたのですか

質問● 
「不動産売買契約書」及び「建設工事請負契約」の印紙税軽減措置が延長されたそうですが、いつまで延長されたのですか。
また制度の概要について教えてください。
回答●
ご質問の軽減措置は平成9年4月1日から平成19年3月31日までの期間に作成される契約書が対象でしたが、
平成19年税制改正で
期間が平成21年3月31日まで延長されました。

制度の概要ですが、
対象となる契約書は
  ・不動産売買契約書
  ・建設工事請負契約書
です。
当初に作成される契約書のほか、これらの契約の変更書、補充契約書等も軽減の対象になります。

印紙税額は次のとおりです。
黄色の部分が軽減措置による印紙税額です。
契約金額 不動産売買・建設工事 その他
1万円未満 非課税
10万円以下 200円
50万円以下 400円
100万円以下 1,000円
500万円以下 2,000円
1000万円以下 10,000円
5000万円以下 15,000円 20,000円
1億円以下 45,000円 60,000円
5億円以下 80,000円 100,000円
10億円以下 180,000円 200,000円
50億円以下 360,000円 400,000円
50億円超 540,000円 600,000円