老年者控除が廃止されます(所得税)

 

平成16年度の税制改正で、老年者控除(50万円)が廃止されました。

この老年者控除は、納税者本人の年齢が65歳以上で、合計所得金額が1,000万円以下である人について

適用されてきましたが、少子高齢化社会における世代間の公平を図る観点から適用が廃止されることになりました。

平成17年分の所得税の計算から老年者控除がなくなります。

 

用語辞典●合計所得金額

 

●TOPへ> ●税金インデックスへ>