社会保険料控除を受ける場合に国民年金保険料なども証明書が必要になります(所得税)

 

国民年金保険料等の未納者が社会保険料控除の適用を受けていることが問題となり、

医療費控除や生命保険料・損害保険料控除の適用時と同様に、社会保険料控除の

適用の際にもその支払についての証明書の添付が必要となりました。

具体的には、

@       確定申告書を提出する際に支払証明書を添付して提出する

A       給与所得者の年末調整の際に保険料控除申告書に添付して会社に提出する

ことにより社会保険料控除の適用を受けることになります。

 

ただし、今回の改正では国民年金の保険料以外の社会保険料については、給与天引きの

ものや、国民年金と違って納付率が高いものであるため、証明書の添付はこれまでどお

り不要とされています。

平成17年分以後の所得税について適用されます。

 

●TOPへ> ●税金インデックスへ>