◆備えあれば、憂いなし。倒産防止共済のススメ
(06/10/16)
取引先の倒産の話が続いて恐縮です。前回は税務上、納税額が少なくなるような規定をご紹介しました。今回は資金繰り上、自分の会社を守る手段をご紹介します。ご存知かもしれませんが、中小企業倒産防止共済制度の利用です。
加入した場合には次のようなメリットがあります。
    ・取引先が倒産し、売掛金債権等について回収が困難になった場合、
     掛金総額の10倍に相当する額か、その回収が困難になった売掛
     債権等の額のいずれか少ない額を、無利子・無保証・無担保で5年
     間借入することができます。
   
    ・毎月の掛金は、5,000円〜80,000円で5,000円単位で設定でき、
     320万円まで積立てることができます。また、その掛金は、税法上
     全額経費に算入できます。

また、解約は契約者側の申し出によりいつでも可能となっています。
掛金総額の80%から100%相当額が戻ってくることになっていますが、
掛金の納付月数が12ヶ月未満の場合は戻ってこないことになっています。
100%戻ってくるのは、納付月数が40ヶ月以上の場合です。


(参考:独立行政法人 中小企業基盤整備機構のホームページより)    

●TOPへ>   ●税金インデックスへ>