◆福利厚生第2弾。研修でスキルアップと税額控除。
(06/10/25)
福利厚生の中でも、業務に直結し、スキルアップにつながるのが研修費用です。一時期流行になったOJT(企業内教育)と社外研修費用が研修費用の2本柱です。それぞれ見てみましょう。

  @ OJT(企業内研修)
      ・・・研修会で使用される教材・見本品費・会場借上料などは
        経費になります。
  A 社外研修費用
      ・・・業務関連性が高く、職務に直接関連し、費用が通常のものは
        経費になります。
            ex. 海外へ派遣する社員の外国語研修費
              直接必要で、その人が業務に使用する免許取得
              費用(特殊車両運転免許、栄養士免許など)

ここでは深く取り上げませんが、上記費用の中で教育訓練費として
一定の要件を満たすものが、過去2年より増加していれば、少額ですが
法人税額の税額控除の適用を受けることもできます。
ちなみに、税理士試験の授業料は業務関連性が高く、職務に直接関連
してるのに経費にならないそうです(涙)。

(参考:国税庁タックスアンサー No.5437  人材投資促進税制)

●TOPへ>   ●税金インデックスへ>