◆クリスマスもすぐ。年内にできる税金対策。
(06/11/08)
今年もあと2ヶ月を切りました。年末調整ももうすぐやってくるこの時期、
年の瀬の忙しい時期には忘れてしまいそうな、あんなことやこんなことで
税金対策をしてみてはいかがでしょう。個人のものばかりですが、
少しだけピックアップしてみました。

@、ゴルフ会員権をお持ちのあなたへ
     ・・・数年前の税制改正で、土地・建物を売却して出た譲渡損と他
       の給与所得などとの損益通算ができなくなっています。
       次に損益通算できなくなるのはゴルフ会員権だ
       ろうというのがもっぱらのうわさです。もし、大きな含み損を
       抱えているのであれば、年内に譲渡して他の所得と損益通算
       して税金で還付してもらうのも一考でしょう。

A、マイホームを売却しようかどうかお悩みのあなたへ
     ・・・平成18年12月31日で次の2つの特例が期限を迎えます。
       「居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び
        繰越控除」 
          〜  買換えする際の税負担の軽減がある特例です。
       「特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除」
          〜 売却する際の税負担を軽減する特例です。

B、今年は株で儲かってしまったあなたへ
     ・・・含み損があるものを実現させて損益通算も検討しましょう。

C、今年はお医者さんのお世話になった記憶があるあなたへ
     ・・・領収書を集めてみましょう。今年払った医療費が10万円
       に少し足りないようでしたら、年内に歯の治療などしてみては
       いかがでしょう。10万円を超えると医療費控除が受けられます。

参考にしてみてください。

●TOPへ>   ●税金インデックスへ>