◆確定申告の医療費控除で還付! 具体例もあるよ。
(07/02/15)
とうとう確定申告の本番。第一の波がやってきています。
そんな波に乗りつつ、医療費控除特集です。今回は身近なものを
中心に迷いそうなものをとりあげてみました。
ここを見逃さない手はない!のでチェックしておいてください。

 @ 病院までの交通費
      電車代・バス代など実際にかかった交通費を記載しましょう。
      タクシー代は原則ダメですが、足を骨折したとか、急病で倒れた
      などの場合はOKです。マイカーでのガソリン代・駐車料金はダメ
      です。

 A 日常のドラッグストアで買うもの
      OK ・・・ 綿棒、かぜ薬、トローチ、胃腸薬、下痢止めの薬
      ダメ ・・・ リポ○タンDのような栄養ドリンク、酔い止めの薬、
             体温計、通常使うメガネ・コンタクト、補聴器
      原則ダメ(医者の指示があればOKとなるもの)
          ・・・ ビタミン剤、漢方薬

 B 毎年よくあるもの
      OK ・・・ 人間ドックで重大な病気が見つかったとき
            カイロプラクティク師、はり師、柔道整復師などの施術
             (健康維持のためのものはダメです)
      ダメ ・・・ インフルエンザ予防接種、人間ドックで特に何も
             なかったとき、

最後に大きい金額となる場合の注意点です。
      カード払い ・・・ 決済した日付の属する年で控除します。
                 引き落とし日は関係ありません。
      高額療養費等・・・ 支払った医療費から差し引く必要があります。
      介護関係  ・・・ 訪問介護などはOKなのですが、非常に区分が
                 困難な内容のものであるため、よく確認してくだ
                 さい。
      
上記はあくまで一般的に考えられるものであり、通常はダメなものでも
医師の特別な指示による場合には、医療費控除の対象となってくるもの
があります。参考にしてみてください。
 
●TOPへ>   ●税金インデックスへ>