◆マンションの賃貸を始めました。そんなあなたに第1弾。
(07/02/23)
都内はどこも建設ラッシュでタワー型マンションも珍しくなくなってきました。
大規模なマンションが建設されており、その1戸1戸に購入者がいるものと
思われます。居住用ではなく、賃貸を目的に購入された方も多いのでは
ないでしょうか?今年から賃貸を始めたあなたに不動産所得の申告の
ポイントをまとめてみました。今回は、不動産賃貸を事業的な規模で
行っていない場合でお届けします。

@ 家賃収入はどの分まで計上するのか?
      原則として家賃収入は、契約上の支払日で計上します。
      翌月1月分の家賃を12月末までに受取る契約である場合には、
      1月分も今年の家賃収入になります。
      ただし、特例として帳簿書類に前受・未収などの経理を行って
      いるような場合には、1月分は翌年の家賃収入として今年の
      申告に含めなくてもOKです。

A 敷金のポイント
      敷金は、預り金であるため収入金額ではありません。
      しかし、「解約時には○○%償却する」ような契約である場合には、
      その償却分があなたの収入であることが契約時に確定したため
      今年の収入に計上しなければなりません。
      ただし、「退去時に修繕にかかった実費と相殺する」などの場合には、
      今年の収入にあげる必要はありません。

B 不動産収入となるもの
     建物の屋上や、側面の看板などの使用料収入も不動産所得です。
     月極の駐車場の賃貸も不動産所得ですが、時間極の駐車場は
     事業所得又は雑所得になります。

みなさん注目の経費部分はどうなの?っていうのは次回を御覧ください。

●TOPへ>   ●税金インデックスへ>