◆マンションの賃貸を始めました。そんなあなたに第2弾。
(07/02/26)
不動産賃貸を始められたあなたに送る第2弾。次は経費の部分です。

@マンション取得時にかかった費用
   賃貸物件の購入にあたり、様々な費用がかかったと思われます。
   そのうち、今年の経費に一度に落とせるものと今年の経費に一度
   に落とすことができないもの(建物などの資産として計上して
   その使用可能期間にわたって毎年少しずつ必要経費になっていく
    もの)とに区分しなければなりません。次のようになります。

     マンションの土地部分 ・・・ 資産ですので経費になりません。
     マンションの建物部分 ・・・ 毎年少しずつ均等に減価償却費で
                       必要経費になっていきます。
     マンションの内装設備 ・・・ 毎年減価償却で必要経費になります。
                       定額法と定率法の選択をします。
     登録免許税・不動産取得税・固定資産税の精算
                    ・・・ 今年の必要経費になります。
     仲介手数料        ・・・ マンション本体の代金になりますので、
                       仲介手数料を土地分・建物部分・内装
                       部分に按分して本体代金に加算します。
     登記費用         ・・・ 今年の必要経費になります。
     借入金利子        ・・・ 業務開始前はマンション本体の代金
                       に加算します(仲介手数料を参照)
                       業務開始後は必要経費になります。

Aマンション維持にかかった費用
   不動産所得が赤字になった場合、給与所得などと損益通算ができ
   てしまうこともあり、直接的な費用でない限り、必要経費にすることは
   できません。「所得税青色申告決算書」に前もってプリントされている
   経費以外では、主として次のようなものが経費になります。
     マンションの管理費   ・・・ 空白の欄に「管理費」と記入します。
     税理士申告報酬     ・・・  「その他の経費」欄に記入します。

   他にないのか?と聞かれても困りますが、一般的には
     不動産管理会社とのやりとりの費用
     自分でマンション管理をしている方の管理・修繕・清掃などに
     かかる費用くらいだと思われます。

次は、青色申告特別控除についてお届けします。
 
●TOPへ>   ●税金インデックスへ>