◆マンションの賃貸を始めました。そんなあなたに第3弾。
                 〜青色申告特別控除
(07/02/28)
不動産賃貸を始められたあなたに送る第3弾。次は青色申告特別控除です。

まず、青色申告特別控除とは、から始めたいと思います。この特別控除は、
自ら帳簿をちゃんと付けます!という宣言をして申請書を税務署へ提出します。
その承認がおりましたら、ちゃんと帳簿を付ける事を条件に、その年の不動産
所得から10万円or65万円のいずれかを控除できる!というものです。
アメとムチでいうとアメになります。

そんなアメをいただくためにもいくつかポイントがありますので注意しましょう。
 @、 青色申告の承認を受けるための申請書には提出期限があります。
     ・その年分から適用を受けたい場合は、その年3月15日までに提出
           ⇒ 平成18年分の申告から適用を受ける場合、平成18
              年3月15日までに提出しておく必要があります。
     ・ただし、その年1月16日以後新たに業務を開始した場合は、
      その業務を開始した日から2月以内に提出

 A、 「承認」が来ない場合
           ⇒ 12月31日までに承認が来なくても、自動的に承認
             されたことになりますので、適用してOKです。
             ただし、その年11月1日以降に提出した場合には、
             その年の翌年2月15日をもって自動承認とします。

 B、 10万円控除と65万円控除の違い
           ⇒ 65万円控除を受けるには、次の要件が必要です。
                ・不動産賃貸が事業的規模の場合
                   (建物5棟以上、部屋10室以上が目安です)
                ・複式簿記で詳細に帳簿等を作成
                ・期限内に申告書類を提出すること
           ⇒ 上記以外の場合には、10万円控除となります。

 C、 で、帳簿ってナニ?
      ・複式簿記で詳細に帳簿を作成して65万円控除の適用を受ける
       場合には、基本的に法人(会社)が行っているような決算書に
       近いものを作り上げる感じのものです。
      ・簡易な簿記で帳簿を作成して10万円控除の適用を受ける
       場合には、家計簿を作るような感じのものです。
       後から見て誰でもわかるように数字と資料を整理しておけば
       大丈夫でしょう。

次は、「土地等を取得するために要した負債の利子の額」についてお届け
します。
 
●TOPへ>   ●税金インデックスへ>