◆確定申告 簡単な還付のチェックリスト!
(07/03/09)
確定申告も追い込みの時期になりました。追い込まれまくっているここ2〜3
週間です。お客様のところへお邪魔すると、「顔が白いよ。飲みにいこう。
赤くなるから。」とよくワカラナイ理由でお付き合いさせていただくことも
あります。そんなバタバタの時間をかいくぐってお届けする確定申告の
直前対策!もう申告が終わった方も御覧ください。
簡単で基礎的なのだけど、意外と忘れがちな還付のチェックリスト。

@ 配偶者控除・配偶者特別控除の再確認
      〜奥さんがパートしてる・不動産収入があるなどの理由で
       ”扶養から外れている”と思い込まれているあなた!ちょっと
       確認してみませんか?扶養から外れていても多少所得が扶養
       からはみ出た程度(合計所得金額で76万円、給与収入なら
       141万円まで)でしたら、配偶者特別控除が使えます。

A 扶養親族の再確認
      〜”扶養”という言葉に固定観念を持ってませんか?
        少額の年金生活者の親に仕送りをしている、とか、
        今年たまたま働き盛りの家族が無職になって、今年の所得
        はほとんどなくて趣味に没頭していた、とか意外と見過ごして
        しまっているかもしれません。

B、去年の確定申告書の確認
      〜去年繰り越した純損失の金額、雑損失の金額はありませんか?
        株式の譲渡損失を繰延していませんか?
        去年のことなので忘れてた、とか去年は税理士に任せたけど
        今年は自分で申告することにした、などの場合には注意
        しましょう。

C、社会保険料控除の再確認
      〜奥さん・子供・親が支払った国民健康保険料や国民年金保険料
        はありませんか?そのうち、生計が一緒である人の分は
        自分が払ったということにできるため、自分の所得から社会保険
        料控除額を控除することができます。

D、源泉所得税を取られたものはないか?
      〜たとえば未上場の会社の配当などは20%の源泉所得税が控
        除されていますので、申告すると多くの方は源泉所得税が還付
        されます。また、年金から源泉所得税を差し引かれている方も
        申告すると還付になるようなケースもよくあります。

上記の5つは特に簡単なものですが、意外と忘れてたりもします。
チェックが簡単な直前対策でした。参考にしてみてください。
 
●TOPへ>   ●税金インデックスへ>