◆消費税の課税・非課税 3分でできるトレーニング@
(07/06/06)
今回は、この取引は「消費税の課税取引なのかどうなのか」という
頻繁に出てくる悩ましい問題で、しかも間違いの多いところ
をピックアップし、トレーニング形式で作成してみました。
なお、消費税の取引は「課税、免税、非課税、対象外」と本来は4つの
取引があります。今回は、分かりやすくするために「5%課税取引」と
「5%課税取引でない取引」の2つに区分してみましょう。

では、「5%課税取引」は○を、「そうでない取引」には×を付けてください。
 (注:契約形態、規定等は国内で取引の一般的なものを想定しています)

1 社宅の家賃を支払った           ・・・  ×
2 事務所の家賃を支払った         ・・・  ○
3 贈答用の商品券、ビール券を買った   ・・・  ×
4 クレジットカード会社からカード売上代金の入金があった際に
  カード会社に手数料を取られた      ・・・  ×
5 信用保証料を支払った           ・・・  ×
6 新車購入時に古い車を下取りしてもらった場合のその下取り代金 ・・・○
7 保険金収入                 ・・・  ×
8 香典、御祝金                ・・・  ×
9 国内出張の日当              ・・・  ○
10人材派遣料                 ・・・  ○

どうでしょう?いくつ正解でしたか?意外と歯ごたえがあったかと思います。
第2弾もやってみますので、チャレンジしてみてください。

 
●TOPへ>   ●税金インデックスへ>