◆ソフトウェアの税務A
(07/07/27)
今回は、ソフトウェアの第2弾:具体例です。

○ 取得価額
       ・・・ 運送費、購入時のソフトウェアの設定作業、会社仕様に
          するための作業も取得価額に入れます。

○ ホームページの制作費用
       ・・・ 外部に委託して作成してもらった費用は、支出時の損金
           です。ただし、内容を頻繁に更新していくのが前提で、
           全然更新しないと同じコンテンツの使用期間が数年にも
           わたってしまうので、その場合は、資産計上です。

○ ソフトウェアの保守料金
       ・・・ 基本的に、現在の機能を維持するものであるため、
           期間対応で損金になります。

○ バージョンアップ費用
       ・・・ 新たな機能の追加、機能の向上があった場合には、
          資本的支出とします。
          バグ取り、現在の機能の維持である場合には、修繕費です。

○ 複数のライセンスを取った場合
       ・・・ 1ライセンスあたりの金額で少額減価償却資産に該当
          するかどうかを判定します。

●TOPへ>   ●税金インデックスへ>