◆サラリーマンの確定申告
(2006/02/01)

2月16日(木)から確定申告の申告期間が始まります。(3月15日まで)

本来サラリーマンは年末調整によって平成17年の所得税額が確定し、納付も行われています。

しかし一部のサラリーマンについては確定申告をしなければならない人、確定申告(還付申告)をすると納付した税金が戻ってくる人がいます。

今回はこのようなサラリーマンの例を挙げていきます。

〔1〕確定申告が必要な人

 (1) 平成17年の給与収入金額が2,000万円を超える人

 (2) 1ヵ所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

 (3) 2ヵ所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額を給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人で一定の者

 (4) 同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人

 (5) 災害免除法により源泉徴収の猶予などを受けている人

 (6) 源泉徴収義務者にあたらない者から給与等の支払を受けている人

 (7) 退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人

 ※ 上記はタックスアンサー(確定申告が必要な人) から抜粋しています。

〔2〕確定申告(還付申告)をすることができる人

 (1) 平成17年中に退職し年末調整を受けなかったため源泉徴収税額が納め過ぎとなっている人

 (2) 一定の要件に該当するマイホームの取得等をして、住宅ローンがある人

 (3) 平成17年中に支払った医療費が多額にある人

 (4) 配当所得があり配当控除を受ける人

 (5) 災害や盗難などで資産に損害を受けた人

 ※ 上記はタックスアンサー(還付申告) から抜粋しています。

これから3月15日までの間、数回にわたり確定申告の注意点などを記載していきますので参考にしてください。

●TOPへ>   ●税金インデックスへ>